男女

株は初心者でもスタートすることができる!

投資に必要な資金

株

投資額を抑えるためには

投資を行う際の資金はどのくらい用意すれば良いのでしょうか。投資に興味を持つ初心者の方であれば一番初めに考えることだと思いますが、投資の資金については投資の種類によっても違ってきます。少額から行える投資商品として思い浮かぶのがFXです。FXは証拠金を元手に最大25倍までの取引が可能となりますし、取引通貨数も1000通貨、100通貨といった少額から始められるので口座に1000円入金しておけば取引を行うことができるのです。小額ロットで取引を始められるメリットがありますので投資の初心者にはお勧めです。そしてFXと同じく投資商品として人気があるのが株式投資です。FXのような口座入金額よりも大きな取引が可能となる信用取引もありますが基本的には口座入金額と同額の取引を行う現物取引が一般的になります。そのため証券口座へまとまったお金を入金しておかなければなりません。例えば一度に購入できる枚数(単元株)が1000枚で200円の銘柄を購入したとします。そうなると一銘柄を購入するのに単純に20万円が必要となる計算になるのです。また取引を行う株の銘柄により単元株数や株価によっても変わってくるのです。こうなると多くの資金が必要になる株式投資は初心者にとっては敷居が高いように思えますが、実は小額から始めることが可能なのです。各証券会社では単元枚数の10分の1で購入できるミニ株が販売されています。購入できる銘柄が限られていたり、優待などの条件はありませんが、投資資金を抑えたい初心者の方にはお勧めです。その他にも様々な投資商品があり初心者が気軽に始められるよう安価な金額で始められるようになっています。貯金ではお金が増えない時代ですから、投資商品を理解した上で投資を始めてみると良いですよ。

人と同じ考えではいけない

株初心者は、身の丈に合ったトレードをすることが大事です。猛者がひしめく低位株などに手を出すのはやめましょう。低位株トレードを勧める人もいますが、リスクが高いです。カモにされやすいので気をつけましょう。

中長期で考えよう

短期売買で大きな利益を得ようとする投資方法は初心者には向いていません。これから株式投資を始めようとするのであれば、まずは中長期的な利益目標を立てましょう。そうすれば、自ずと投資すべき銘柄も決まってきます。

初めての投資

株初心者向けに株の始め方として、証券口座の開設が必要です。担当営業員がつく対面型、コールセンターのみやネット取引があるので、サポートや売買手数料を考えて開設しましょう。売買は、対面型なら電話や店頭にて注文、ネット証券なウェブページより注文できます。株取引のメリットは、売買による利益、配当金です。